引越しで得する技を伝授【夏は料金を値切りやすい】

作業の少ない時期に移動

ダンボール

距離に余り関係ない人件費

昔から企業や行政機関では年度末を目がけて人事異動が多くなっています。また、大学を中心とする学生の卒業が3月、入学が4月初めに集中しています。従って、年度末から翌年度初めに勤め人の転勤や学生の移動の集中する傾向があります。引越し業者は作業が集中すれば平常時の作業員だけでは人手が足りなくなります。そこで急きょ、期間限定のアルバイトを集めて対応しようとするので、平常時と比べれば人件費等の経費が余計に発生することになります。一般的に業者から料金の見積もりを取ると、移動先が近いか遠いかに拘らず、料金を決める要因は運ぶ荷物の量が影響するトラックのサイズと移動距離及び作業員の人数です。家財道具の梱包、運び出しから搬入先までの運送、開梱までの作業で依頼する範囲により作業員の人数が異なると料金が大きく違うようです。この要因以外に、引越しの閑散期と比べると年度末から年度初めの繁忙期には人件費等の増加により料金が高くなる季節的要因があります。同様の事情で、土日や休日に引越し希望すれば元々、引越し需要が多いので平日と比べると料金が割高になります。そこで、料金を安く済まそうと考えれば自ずと対応方法が明らかですが、同じ都市内で移動距離が短い位では期待したほど安くならないことが明らかです。近距離の引越しを計画するならむしろ、近距離の引越しを専門としている業者に依頼すると格安プランを用意しているので、こうした業者を利用することが安上がりのコツのようです。また、引越し作業は作業開始時間で午前便、午後便と業者側の都合で決まるフリー便の3区分に分かれますが、午前便の需要の圧倒的に多いことは当然です。引越しを希望する場合、自分の予定に合わせてもらって作業の進む方が都合良いわけです。ところが、引越し業者側の都合で午後に作業員の作業が空くこともあり、午後便やフリー便を午前便より安くしてくれます。

Copyright© 2018 引越しで得する技を伝授【夏は料金を値切りやすい】 All Rights Reserved.